【2019最新】Google XML Sitemapsの設定とサイトマップ送信の全て | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

【2019最新】Google XML Sitemapsの設定とサイトマップ送信の全て

知識「0」からブログ運営

こんにちは!初心者ブロガーの味方むっくんです

ブログの運営をするにあたり、サイトマップの作製は基本であり絶対となりますが、大きく分けて2種類のサイトマップを作製する必要があることはご存知ですか?

・読者向けのサイトマップ      
・内部的なサイトマップ

今回は、後者の
内部的なサイトマップを作成するにあたり、最適かつ最も使われているプラグイン【Google XML Sitemaps】の設定方法をご紹介します。

また、サイトマップの送信についても情報を網羅していますので、この記事の内容を全て実行することで、サイトマップに関する設定は全て完璧に完了します。

初心者ブロガーの味方として当然ですが、2019年の最新画像を添えて、専門用語に気をつけながら、迷子を作らず説明します!
足元に気をつけて、ついてきて下さいね♪

もくじ

●2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル1
・Google XML Sitemapsとはどんなプラグインなの?
・Google XML Sitemapsをインストール

●2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル2
・Google XML Sitemapsの具体的な設定方法
・Google XML Sitemaps:基本的な設定
・Google XML Sitemaps:Additional pages
・Google XML Sitemaps:投稿の優先順位
・Google XML Sitemaps:Sitemap コンテンツ
・Google XML Sitemaps:Excluded Items
・Google XML Sitemaps:Change Frequencies
・Google XML Sitemaps:優先順位の設定(priority)

●2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル3
・サーチコンソールへのサイトマップの登録
↑※最重要

スポンサードサーチ

2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル1

Google XML Sitemapsとはどんなプラグインなの?

結論:内部的なサイトマップを作成するプラグインです。
簡単にかみ砕くと、ブログ内の記事の状態を正しくGoogleに理解してもらうために、地図を作製するプラグインです。

Google XML Sitemapsをインストール

インストール方法は他のプラグインと一緒です。もしもわからなければ、詳しくまとめた別記事がありますので、こちらをご覧ください。

2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル2

設定自体は、画像の通りにチェックボックスにチェックを入れていくだけなので、すごく簡単です。

Google XML Sitemapsの具体的な設定方法


まずは、ワードプレスの最初の管理画面からスタートです。
赤枠➀【設定】→→→赤枠②【 XML Sitemaps】
こちらの順番でクリックして下さい。

画面が上の画像⇧のように、設定画面に切り替わります。
赤矢印の部分を見ると「基本的な設定」という文字があります。これは設定する項目別のタイトルであり、白い枠で項目毎に囲ってあるのがわかりますね。

この項目別に設定の方法を解説していきます。

Google XML Sitemaps:基本的な設定


まずは、基本的な設定です。
画像の通りにチェックを入れて下さい。

一番上のチェック

ブログの更新があったとき、Googleに報告を上げる設定

二番目のチェック

ブログの更新があったとき、Bingに報告を上げる設定

三番目のチェック

作成したサイトマップの場所を、クローラーに知らせる為の設定

それ以降のチェック

高度な設定なので、特に気にする必要なし。
現在、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」という名目でエラーが出るという報告があり
「HTML形式でのサイトマップを含める」という部分のチェックを外すと改善されることがわかっています。この部分のチェックは外しておきましょう!

Google XML Sitemaps:Additional pages


この項目は、なにもいじる必要がありません。

Google XML Sitemaps:投稿の優先順位


画像の通りにチェックを入れて下さい。
優先順位をつける必要はあるのですが、この場所ではなく、のちほど出てくる項目で詳しく設定をするほうが正しいです。

Google XML Sitemaps:Sitemap コンテンツ


ここでチェックを入れるのは、実際Googleに、どのページを見てもらいたいのかを設定します。
例えば、お問い合わせのページや、自分のプロフィールページなど、需要が無いページがありますよね?そういった部分は見られたくないのでチェックを外します。

具体的には、画像の通りにチェックをいれることをオススメします。

Google XML Sitemaps:Excluded Items


ここでチェックを入れるのも、先ほど同様Googleに見られたくない部分を選択します。今回はチェックを入れるのが記事単位ではなく、カテゴリー別の選択ですね。

もし自分の中で、Googleに見られることを意識しないカテゴリー(売れる意識なしに、ただ日記を書いているカテゴリー等)をチェックしておきましょう。

Google XML Sitemaps:Change Frequencies


ここで設定するのは、それぞれの項目の部分を、ザックリどのくらいで更新する予定なのかを知らせるのが目的です。
ここで設定した通りに、必ずGoogle様がチェックしてくれるわけでは無いのですが、設定しておくに越したことはありません。

ちなみに、画像は理想の更新頻度であり、この内容とよっぽど違う頻度でもない限りは、画像の通りの設定をオススメします。

Google XML Sitemaps:優先順位の設定(priority)


先ほど軽く触れましたが、この部分で優先順位の設定を行います。
数字が大きいほど優先度(大)という意味ですが、バランス良く必要箇所に来てもらう為にも、画像の通りに設定したほうが良いです。

選択し終わったら、設定完了です。一番下の青色ボタン【設定を更新】をクリックしましょう。

スポンサードサーチ

2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:レベル3

Google XML Sitemapsの設定が終わったら、次にGoogleサーチコンソールで登録を行う必要があります。

こちらのリンクから、Googleサーチコンソールへ飛びましょう。

サーチコンソールへのサイトマップの登録


まずはGoogleサーチコンソールのトップ画面から、赤矢印「サイトマップ」という部分をクリックします。


次に、赤枠➀の部分に入力をする必要がありますが、これは説明を受けてもわからないと思いますので、言われた通りに次の3つを入力して登録して下さい。

・sitemap.xml
・sitemap.xml.gz     
・feed

それぞれを正しく送信すると、赤枠②のように表示されます。
これは1度このように登録しておけば、今後は定期的にサイトマップ送信してくれるので、放置でOKです

2019最新!Google XML Sitemapsの設定方法:説明完了!

以上で説明を終わります!
これで内部的なサイトマップに関しては誰に対しても
「完璧に設定してるよ」
とドヤ顔ができる状態になりました!あとは面白い記事を書きましょう!

他にも入れるべき重要なプラグインを紹介していますので、ぜひ確認してみてください。余計なプラグインが入っていると、ワードプレスのパフォーマンスは下がるので、要確認です。