【2019年最新】SEOの内部施策【完全網羅】 | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

【2019年最新】SEOの内部施策【完全網羅】

知識「0」からブログ運営

こんにちは!初心者ブロガーの味方むっくんです!
今回は2019年現在におけるSEOの内部施策、その全てをこの記事に込めようと思います。

SEOの内部施策が大切とはきいてるけど、自分が持ってる情報が全てなのかわからない・・・やるべきことの全てを知りたい!

という方に向け記事を書きました。
この記事の内容を全て網羅した時、あなたは内部SEOマスターになっています。
それでは早速見ていきましょう!

もくじ

●【2019年最新】SEOの内部施策【完全網羅】
・2019年現在における内部SEOの全てを解説

●クロール最適化によるSEOの内部施策
・クロール(クローラー)とは?
・全ページへ2クリック以内でいける構成にする
・ブログ上部にあるカテゴリーのナビは画像でなく文字に
・パンくずリストを作成する
・関連性のある記事同士は内部リンクでつなぐ

●プラグインで解決できるSEOの内部施策
・ページ速度を高速にする
・サイトマップを送信する
・リンク切れをチェック

●記事の構成に関するSEOの内部施策
・タイトルの最適化
・見出し(h1,h2等)を正しく配置
・重複ページをなくす
・キーワードは1つに絞る

●記事の設定に関するSEOの内部施策
・クロール不要なページを指定する
・メタディスクリプション最適化
・画像の最適化
・カテゴリーとタグの設定
・外部リンクを適度に貼る
・最適なURLにする

 

スポンサードサーチ

【2019年最新】SEOの内部施策【完全網羅】

あなたのブログ、SEOの内部施策は完璧ですか?
記事をどれだけ書いたとしてもSEOを理解しないまま進めてしまうと、努力が実を結びません。
この記事を読み、2019年現在におけるSEOの内部施策について
完璧な情報を身につけましょう!

2019年現在におけるSEO内部施策の全てを解説

大きく分けて4つの項目に分けて説明します。

・クロール最適化によるSEO内部施策
・プラグインで解決できるSEO内部施策
・記事の構成に関するSEO内部施策
・記事の設定に関するSEO内部施策

以上4つの分類でこの記事は成り立ちます。それぞれを正しく実践することで、2019年現在の最新SEO内部施策が完璧に理解できますので、長くなりますが付いてきて下さい!

クロール最適化によるSEO内部施策

まずはクロール最適化によるSEOの内部施策を説明します。

クロール(クローラー)とは?

検索エンジンで記事が表示される仕組みはご存知ですか?
クローラーというマシンが、インターネット上の様々なサイトを駆け巡り情報を集め、その情報を集約した結果で検索結果に表示される順位が決められます。
なので、クローラーが来やすい記事、クローラーが良い評価を持って帰ってくれる記事を作成することが大切です。

これから、その方法を説明します。

全ページへ2クリック以内でいける構成にする

クローラーも、僕ら読者と同じようにインターネット上のリンクを辿って記事内を進みます。そのため、ブログ内の記事で到達しにくい記事があると、SEOの評価に悪い影響が出ます。
なので全ての記事に2クリック以内に行ける構成を作りましょう。

その方法はいくつかあります。

①記事1つ1つにカテゴリーを設定する。
②ブログの上部にカテゴリーのボタンを設定する。
③月ごとのアーカイブを作る。

などです。他にも方法はありますが、下記をご覧ください。

ブログ上部にあるカテゴリーのナビは画像でなく文字で設定する

Googleはまだ、完璧に画像を認識することができません。そのため、ブログ上部に作るカテゴリーのナビは、画像ではなく文字で作成しましょう。カテゴリーの文字列から関連のあるカテゴリーに正しく飛んでいるとクローラーが持って帰るブログの評価が高くなります。

パンくずリストの作成

パンくずリストとは、ブログ記事にあるこういった表記です。

この画像の一番下のやつです。よく見かけますよね?これがあると、メリットが3つあります。

①読者自身が現在、ブログのどの位置にいるのか把握できる
②検索結果に表示されるので、検索ワードを含むと太文字で目立つ
③クローラーがブログ内で迷子になるのを防げる

関連性のある記事同士は必ず内部リンクでつなぐ

クローラーは古い記事を再点検したがるという特性があります。なので、過去記事と現在の記事とを、内部リンクでつなぐことで、クローラーが自分の最新の情報に来やすい状況が完成します。
ただし、関連性の薄い記事を内部リンクでつなぐと、クローラーが持って帰るブログの評価が下がるので、むやみやたらとリンクでつなぐのはNGです。

スポンサードサーチ

プラグインで解決できるSEOの内部施策

次は設定すべきSEO内部施策の中でも、プラグイン1つで簡単に設定できてしまうものを集めました。

ページ速度を高速にする

ブログのページを開くスピードはSEOの内部施策において極めて重要です。開くのが遅いページは、読者は見ようとはしません。5Gが本格的に実装されるまでそういったページの構成は避けましょう。

ページの速度を高速にする方法は簡単で、それに特化したプラグインを導入するだけです。下記を参照してください。

サイトマップを送信する

サイトマップとは、その文字が示す通り、サイトの地図つまり案内図ということですね。これは読者に向けたサイトマップとクローラーに向けたサイトマップの2種類がありますが、大切で、かつわかりにくいのがクローラーに向けたサイトマップ送信です。下記の記事を参考にして正しく記事のサイトマップ送信を行いましょう。

ブログ内にリンク切れを発生させない

クリックした先に記事がないという状態、つまりリンク切れがあるとクローラーからの評価が下がります。
リンク切れを定期的に発見してくれるプラグインが非常に有能です。下記を参照してインストールしてください。

記事の構成に関するSEOの内部施策

次は記事の構成に関するSEO内部施策の説明をしていきます。
これについて説明するだけでもかなり長文になってしまうので、ここでは簡単に触れるだけにします。詳しくは別記事を用意しましたので、コチラをご覧ください。

タイトルの最適化

タイトルにどんなキーワードを含むかでSEOの結果が大きく変わります。必ず意識すべき点がありますので要確認です。

見出し(h1,h2等)を正しく配置

記事の中は、hタグによる見出しで区分けされていますが、その中でどんなキーワードを盛り込むべきか、成功のルールがあります。それらを意識して記事を書きましょう。

重複ページをなくすこと

同じような内容の記事が複数あると、Googleからの評価が下がります。それを防ぐには記事を書く前にやる、とある準備が大切になります。これも別記事を要確認してください。

キーワードは1つに絞る

1つの記事で狙うキーワードは1つです。キーワードってどこからどこまで?理由は?など疑問は様々かと思いますが、この項目で触れた内容は全て別記事にまとめましたので、そちらを参照してください。

スポンサードサーチ

記事の設定に関するSEOの内部施策

最後はブログ記事の設定に関する内容です、正しく記事を執筆できても、最後の設定でツメを怠ると失敗します。

クロール不要なページを指定する

クローラーはリンクで繋がっている以上ブログ内をグルグル回ってくれますが、正直Googleの評価とは無関係な記事もありますよね?

例えば自己紹介のページ、お問い合わせのページなどですが
これらのページは人気が出るはずもないですし、検索ワードを狙える訳でもありませんから、クロールされると逆にブログの評価が下がります。

そういった記事は、記事投稿画面の一番下に表示される【NoIndex】にチェックを入れましょう。ブログは全体で評価されるので、ダメな記事は見せない!(もしくは消しちゃう)が鉄板です。

メタディスクリプション最適化

メタディスクリプションとは、検索結果に出て来るこの部分のことです。

何かを知りたいと検索した読者は、自分の調べたワードがここに含まれているかを意識します。なぜなら、本当に自分の知りたい情報が掲載されているのか、無駄足を踏みたくないからです。ちなみに、ワードがヒットして入れば、そこが太字になるので、この文章は店の前に置く看板のような大切な役割を持っています。

150文字までは全文表示されるので、目一杯書きましょう!

画像の最適化

Googleは進化を続ける会社です。だんだん機械が画像を理解できる時代がきています。何か記事内に画像を設定する場合は、必ず関連のある画像を選びましょう。また、画像につける名前や説明文も少なからずSEOに影響がありますので、画像・名前・説明・そして記事に関連性が出るよう細かく設定するのがベストです!

カテゴリーとタグの設定

記事には必ずカテゴリーとタグを設定しましょう!1記事に当てるカテゴリーは1つがベストです。あまり複数ゴロゴロつけるのはSEO上あまり良くありません。タグは5つくらいつけると良いです。

関連のある記事への外部リンクを適度に貼る

Googleは記事の専門性の高さを高く評価しています。なので自分の記事と関連があるのであれば、すでにその分野で評価を得ているブログ記事に対し外部リンクを貼ることは、少しだけSEOの評価をあげます。

最適なURLにする

記事1つ1つのURLは、自分で好きに設定することができます。URLを見ただけで、この記事がどんな記事なのか想像つくのがベストです。
例えば僕はたまに趣味でONEPIECEの記事を書きますが、その時のURLの末尾は「https://yuusya-mukkun.com/onepiece/944/」という具合に非常にシンプルです。

2019年最新SEOの内部施策:説明終わり!

お疲れ様でした、とても長かったですね。しかし苦労して設定した分、知識を蓄えた分あなたのブログはレベルアップしたということになります!

これから、以上の内容を意識した上で記事をバンバン生成し、ネット界で活躍する人になってくださいね♪♪それではまた明日!