上司に怒られた時の対処法【究極の返答方法】 | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

上司に怒られた時の対処法【究極の返答方法】

自己啓発

こんにちは!むっくんです
新入社員の育成に奮闘する日々を送る今日この頃です。

皆さんも仕事をする中で、何となく感じていると思いますが怒られ属性を持った人がいるなぁと、思ったことはありませんか?

▶︎ 同じミスをしても怒られる度合いが違う
▶︎ 何故か追加で怒られる
▶︎ 人より強めに怒られる


これは、なんとなくその人の雰囲気が〜〜などと言う理由ではなく、れっきとした原因があります。

この記事を読み進め、無駄なことで怒られない返答の仕方をマスターしましょう!

スポンサードサーチ

仕事で怒られた時の正しい返答方法

結論:究極の返答は「はい」

見出しの通りですが、結論から言うと、上司から怒られた時の返答は「はい」と「わかりました」この2つのみに絞りましょう。余計なことを追加で言わない事が重要です。

「俺はYESマンじゃない!」という反論は認めません。それは怒られている時に発揮するものではなく、何か提案をする時や意見を求められた時に発揮してください。

ハッキリ言いますが、これを実践するだけで、確実に余計に怒られることは無くなります。では、根拠を説明して行きます。

上司が怒っている理由は たった1つ

何故怒っているか?それは簡単で、その部下の仕事に対して、何かを修正させようと思うから怒るのです。

上司の味方をしている、と言うような話ではありませんよ?
上司の行動の”理由”の話をしているんです。

もちろん上司も人間なので、その理由に付け加えて感情も入ることがあるでしょう。それは上司も未熟なんだなぁ・・と、思うしかありません。

お叱りが終了するのは、任務完了の時

では、そんな理由あってのお叱りは、どんな時に終了するのか?
それは上司が任務の達成を感じた時です。

例えば単純に、仕事でミスをしたのであれば、「ミスを反省」してもらえたら任務完了です。

それを一番上司に感じさせる返答が「はい」と「わかりました」のコンボなのです。機械みたいに、同じ言葉を同じトーンで繰り返したらダメですよ?笑
そんなことをしたら、上司は任務の完了を感じませんから、だからこの2つの言葉をうまく、織り交ぜて使用してください。

下手な怒られ方をする人の特徴

理由を説明したがる

このパターンの人は、おそらくこの言葉を良く言われませんか?

「言い訳するな!」

そして、その言葉に対してこう感じていませんか?

(言い訳じゃない!理由を言っているだけだ!)

どうでしょう?案外、ヒットしてるでしょう?笑

気持ちは非常にわかります。あなたは、どうしてそうなったのかを説明しているだけですもんね。ですが、厳しくも冷たいことを言いますが社会においては理由ではなく結果が全てです。そして、理由というのは上司の立場から見ると、「だから仕方がないでしょう?」という免罪符のような、命乞いのような姿に見えてしまうのです。

先ほども触れましたが、上司は”仕事のミスを反省してもらいたい”といった目的があります。そんな時に、「こんな理由があったから仕方ないでしょう?」と部下が言ったら、お叱りは続きますよね?

”理由”の使い道

もちろん、あなたがそんなつもりで言っていないことはわかっています。しかし、理由のというのは自分が次に同じ失敗をしない為に、どうすれば良いか?を考える時に使いましょう。上司に対して使っても、大した意味など生まれません。

強いていえば、全てのお叱りが終わった後に、「その理由があったから、対策としてどうすれば良いでしょうか?」と、相談をするのはアリです。
お叱りのタイミングで持ち出すから、余計に怒られてしまいます。

納得がいかないような態度を取る

怒られている時というのは、大抵の場合、言われている内容の全て、あるいは一部に”納得がいかない”  ”的を得ていない”場合があると思います。

それは上司の能力によって差が出ますが、まぁ、仕方がありません。上司もあなたの仕事を1から10まで全て見ていた訳ではないので、多少の憶測やミスが入ります。

ただし、そんな時に、オモテにその態度を出してしまうと、余計に怒られてしまいます。何度も言いますが上司の目的はミスを反省させることです。そんな態度で聞いている部下を見て、目的を果たしたとは思えませんよね。

態度には大きく分けて2種類あると思いますので紹介しますが、どちらも該当していたらすぐに止めることをオススメします。

威圧的な態度

気の強い人にありがちですが、納得がいかないからと目つきが鋭くなったり、姿勢を極端に崩したり、目線をそらしたり、、、それらの態度は間違いなく上司の怒りに油を注いでいます。

あなたも目的を持ちましょう。いつまでもそうやって怒られていて、楽しいですか?楽しくないなら、その態度はやめるべきです。

とぼけたような、うわの空な態度

このタイプは自分の心の中に気持ちを抑えることに慣れた人が、よくやってしまいます。
内心「俺は悪くない〜関係ない〜」そんなことを念仏のように心に唱えてやり過ごそうというパターンですね。これが態度に出ると、見出しのような感じになります。

上司はそんな姿を見ても「素直に聞いている」とは思いません。「ちゃんと伝わっているのか?」と不安になるだけです。なので補足で、もっと説明が必要なのではないか?と思い、お叱りが続きます。

最後に

以上で今回の話は終了ですが、いかがでしょうか?なんともモヤモヤの残る話だとは思いますが、大人の世界というのは、”我慢”という能力が必須です。怒られることで自分の能力を高めて、いずれは見返してやりましょう!

いつも怒ってくる上司に数年後、「お前も成長したよな」なんて言われた暁には、とてつもない達成感が訪れるんですよ。その日を目指して頑張りましょう!

今回の記事では、怒られない為の方法を説きましたが、下記で「怒られた時の上手な心の中の持って行き方」を紹介しています。
ぜひ合わせてお読みください。