おこられ方の美学【心の中でどう思ってるかで人生が変わる】 | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

おこられ方の美学【心の中でどう思ってるかで人生が変わる】

自己啓発

こんにちは!
かつて自らを社会不適合者の王と自負していた
怒られマスターむっくんです

会社に勤めている以上、上司から怒られることって、ままあると思うんですが、その時みなさんは、どのような心境で怒られていますか?

▶︎ グチグチうるさいなぁ・・・もうわかったから。   
▶︎ あー・・・怒られてる自分、恥ずかしい。
▶︎ 同僚に見られたらどうしよう。。


このようなことを、少しでも考えてしまっている人は、、、ハッキリ言うと・・・負け組の道をひた走っています!!というか大損こいてます。僕もかつてはそうでした

しかし反論は認めます。あなたにも主張はあることでしょう。色々なケースを想定して話をして行くので、自分の主張が正しいかどうか、ぜひ検討して見てください。

スポンサードサーチ

怒られるパターン別、メンタルの持ってきかた

パターン1 他人のミスが原因で怒られた!

仕事で怒られた時、それが必ずしも自分の責任とは限りませんよね。
例えば同僚がミスをしたことが原因で発生したミスを、自分が怒られるというパターンも時にはあります。更に言えば、なんなら上司の失敗が原因で怒られるなんてこともあるかもしれません。

そんな時、優しいアナタは「誰々さんがミスったんです!」なんて報告はできないはずです。そして心の中で
「なんやねんハラタツくそおおお!!!!」と、黒い渦を発生させて、その日の夜は酒を飲む・・・こんな経験ありませんか?

これ、あなたは悪くないです。

ただし、このケースを「自分は悪くなかった」で終わらせてしまうと、ただただ損しかしてません。自分で自分を慰めて、あるいは友達に慰めてもらって、満足ですか?それって悔しくないですか?せめて自分の成長の糧にしないと、本当に勿体無いですよ!

怒られていることに対しては「はい」この返事をするだけで良いんです。
心の中が最も重要です。

人のフリ見て我がフリ直す

こんな言葉がありますが、要は「他人の失敗を見て、自分が同じような失敗をしないように、フンドシを締め直す」ということです。次は自分がそんな仕事をするかもしれません、ですがここで気づき、自分がそうならないよう気を引き締めなおすと、自分の成長に繋がります。

上司になるつもりで仕事をする

今が例えヒラ社員だとしても、ゆくゆくは人を育てる側に回る時がきます。人の上に立てば、当然自分の仕事以外にも部下の仕事を見なければいけません。しかしそういう立場でもない今の段階から、他人の仕事にまで気を配るチャンスを与えられるというのはラッキーそのものです。
会社にどう思われているかは、今の時点ではどうしようもありません。しかし、今回のことを機に、例えば事前に同僚に、「あの件は大丈夫か?」と軽く確認する癖がつけば、他人のミスすらも把握した人間になれます。そうなれば、当然会社もあなたの能力にはゆくゆく気づくでしょう。

大切なのは今ではなく、未来です。

パターン2 キャパオーバーの仕事を任されて失敗した!

会社や上司というのは、必ずしも優秀であったり、ましてや完璧ではありません。なので、アナタに対して、抱え切れる量以上の仕事を頼んでしまうことがあると思います。

そんな時上司に「どうしてこんなミスしたんだ!」

と怒られても、(いやいや・・・こんだけ仕事量抱えたら誰でもミスるわ!!)・・・と、心の中で納得できない状況になると思います。

非常にわかります。人間だもの

ですが、そんな正論を心の中で叫んで見ても、あなたは怒られて損してオシマイです。

シンプルに、悔しいと思ってみる

これ、大事なんです。悔しいと思ったら、なんとなくできなかった事を認めているようで、ムカつきますよね(笑)だから、認めたくなくて、キャパオーバーだ!なんて思ったりするんですが、あえて悔しいと思いましょう。

「次は必ずこなしてみせる・・・くそぉぉぉ!!!!」と、悔しがることができたら、人間の脳というのは、それに対する策を考えるものです。悔しいという危険信号を再度出さない為にどうするかを脳は考えるんです。そして、今回より生産性の高い行動をとってしまうんです。それはもうほぼ自動的に。

悔しいと思う=成長する

なんです。知らなかったですか?なので、その「悔しい」を抑える為に、自分に言い訳を与えたり正論を吐きまくっていると、せっかくの成長のチャンスを自分で潰していることになります。

パターン3 説明が不十分だから間違えた!

仕事をする中で、ホウレンソウというものがあります。報告・連絡・相談ですね。これ、有名な言葉だし上司もよく得意顔で言ったりしますが、案外できない人(上司)が多い印象です。苦笑

特に、仕事に慣れている人ほど、「言わなくてもわかるでしょ」という感が出てしまうのか、しっかり説明すべきところを説明しないことがあります。

そんな中仕事をしていて、それが原因で怒られると(なにそれ聞いてない!説明不足だ!!)と納得できないことがあります。

いやぁ・・・御愁傷様です。あなた悪くないです

しかし、こんな内容についても、自分を成長させる方向に持っていけるのです。実際、それを説明不足だったよ!と上司に言える環境って、そうそう無いですしね。諦めて自分の成長につなげてしまいましょう!

予測力をつけることができる

どこの世界にも、言葉足らずな人がいます。この説明不足が社内だから文句も言おうかどうか迷えますが、得意先のお客様ならどうでしょう?文句など言えるはずもありませんよね?そして、そんな言葉足らずなお客様には、どうしたら喜んでもらえるでしょうか?・・・そう、言葉足らずを理解してあげると喜んで貰えます
「この人わかってるねぇ!」となります。これは、結構訓練で成長できる部分でして

もしかして、こうしたいのか・・・?
もしかしたら、こうなんじゃないのか・・・?

予測をするチカラが高いと、仕事の能力がグンと上がります。ピン!とくる人になりましょう。人に求められる自分になります。

パターン4  ・・・いや自分が悪いけど、なんとなく認めたくない!

オーケイ!そんな日もあるさ!いつでもねぇ、そんな「自分の成長の為に頑張る・・・キラキラ」みたいな綺麗事言ってられませんよ!!

しゃーない!そんな気分の時は、やっぱり酒飲んで寝て忘れちまいましょ!!

ただ、なんとなく、怒られた時にどう考えれば自分の為になるかは、わかったはずです。たまにでも良いから、そうやって自分のプラスになる怒られかたを意識して見てはいかがかな?という
元社会不適合者からのご提案でした。

それでは、また明日!