【ワンピース 945話ネタバレ】誰も気づかなかったバジル・ホーキンスの悪質すぎる能力【弱点発見】 | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

【ワンピース 945話ネタバレ】誰も気づかなかったバジル・ホーキンスの悪質すぎる能力【弱点発見】

story

こんにちは!ワンピースをこよなく愛する男むっくんです!
今週のワンピース945話では、様々なところで戦闘の火花が上がってましたね!

今回はとりわけ気になった【ホーキンスvsロー】の戦いについて深堀りしていきたいと思います!

スポンサードサーチ

【ワンピース 945話ネタバレ】バジル・ホーキンスとは?

引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

ワンピース945話のネタバレに触れる前に、まずはおさらいとしてバジル・ホーキンスというキャラクターの背景を確認していきましょう。

ルフィと同じ【最悪の世代】の1人

バジル・ホーキンスはシャボンディ諸島で遭遇した、【最悪の世代】と呼ばれる海賊団の1人です。初登場時は特に良い見せ場もなく、黄猿という最強キャラのせいではありますが、ボコボコにされていましたね。

バジル・ホーキンスの懸賞金

バジル・ホーキンスの懸賞金ですが、あらためて見るとかなり高いですね。やられているイメージが強かったのですが、この額は当時も今も我が麦わら海賊団の事実上の副船長ロロノア・ゾロを凌いでいます。そんなバカな・・・

2年前→2億4900万B
2年後→3億2000万B

バジル・ホーキンスの小歴史

簡単にホーキンスの動きを振り返るとこんな具合です。

2年前:シャボンディ諸島にルーキーとして上陸
2年後:キッド・アプーと共に海賊同盟を築き赤髪のシャンクスを狙う
その後:カイドウと遭遇し、おそらくカイドウ1人に対して海賊同盟は惨敗。百獣海賊団の真打ちとして、幹部のようなポジションに落ち着く。

バジル・ホーキンスの能力一覧


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

バジル・ホーキンスは、超人系悪魔の実(パラミシア)ワラワラの実の能力者です。しかしその能力はやや複雑で、現状まだ能力の詳しい解説は出ていません。

バジル・ホーキンスの能力:タロット占い

これが、実の能力なのか、もしくはバロックワークスにも登場したミス・ゴールデンウィークのカラーズトラップ同様の悪魔の実の能力、以外の力なのかは判明していません。

しかし、1つ言えるのはそのタロット占いの結果をバジル・ホーキンスは心底信頼しており、海軍大将黄猿を前にしても、動揺することなくタロット占いを行っていました。

バジル・ホーキンスは、行動原則をタロット占いに委ねているようです。

バジル・ホーキンスの能力:藁人形(ストローマン)


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

バジル・ホーキンスはなんらかの方法で部下や、その他一般人とリンクし、受けたダメージを他人に挿げ替える能力を持っています。
ダメージを負うことで「ライフ マイナス1」とカウントしていたので、それこそスーパーマリオのようにコンティニューが可能だということですね。

藁人形(ストローマン)の悪質な使い方

今までは、バジル・ホーキンスの能力に対する感想としては

へぇ~取り込んだ命のぶん、コンティニューできるのかあ、厄介だなあ。でも何回か致命傷を与えれば良いだけだから、まあまあ・・・

ぐらいのものでした。

しかし今回ローと戦う際、あろうことかホーキンスはローの仲間の命を自分に取り込んでいたのです!
そうすることで、自分のライフうんぬん以前に、絶対確実な人質として味方を抑えられるので、ローは攻撃できませんでした!

敵に回すと果てしなく厄介な能力です。

藁人形(ストローマン)を発動する条件

となると、問題になるのは、どういう条件をクリアすれば他人の命を自分に取り込むことができるか?という点ですね。これはある程度複雑で難しい条件をつけてもらわないと、完全なるチート能力になってしまいます。

なんなら、対戦相手の命を取り込めば、それで勝ちですから。

でも、今までの描写の中に、もし、条件クリアの描写があったとすれば、おそらく次に説明する”藁備手刀(わらびでとう)”でしょう。

バジル・ホーキンスの能力:藁備手刀(わらびでとう)


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

見た目が非常に弱そうな藁でできた剣です。おそらく、これで斬り付けた相手の命を備蓄することができるのでしょう。

技の名前も【藁】を【備】蓄する【手】段の【刀】で、藁備手刀ではないでしょうか?

しかし、一太刀浴びせただけで、命が吸収されるなら、最強すぎますから、なにか例えばそれで拘束をして、体全体を覆うまで時間を長く要するだとか、他にも条件はあるでしょうね。

ライフが削られた時に藁の小さい藁人形が出てきた

今まで、バジル・ホーキンスがダメージを負った際は、必ず小さい藁人形が出てきて、その人形が相応のダメージを負っているような描写でした。

日本で古くから言い伝えられてきた、藁人形の呪いをモチーフとしているのでしょうね。

バジル・ホーキンスの能力:藁人形ズカード(ストローマンズカード)


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

おそらく、これがバジル・ホーキンスの能力の醍醐味となるのでしょう。引いたタロットカードの種類により、効果を得られるというものです。

しかし、それって藁の能力としてカウントできるのか・・・?

もしかすると、新しい種類の【悪魔の実の覚醒】みたいなものかもしれませんね。自分が心底信頼するもの、寝食を共にするほど愛着のあるものが、実の能力の覚醒によりカードに影響を及ぼした。というのは考えられないでしょうか?

悪魔の実の覚醒とは・・・

ドフラミンゴいわく、悪魔の実の覚醒とはこういうことだそう。

「能力は稀に覚醒し己以外にも影響を与え始める」

ドフラミンゴの場合、シンプルに建物や大地などに能力が影響し、糸になりましたね。しかしホーキンスの能力もまた、ワラワラの実による”呪い”のような効果が、タロットカードに対して覚醒し、カードの示す効果を呪いとして発言する。そういった新種の覚醒なのではないでしょうか?

まず鎖を具現化しようと決めてからはひたすらイメージ修行を行った。
最初は鎖で遊ぶ以外何もするなと師匠に言われ、実際の鎖を一日中、とにかく四六時中いじくった。
目を閉じて触感を確認したり、何百枚何千枚と鎖を写生したり、ずーっとただながめてみたり、舐めてみたり、音を立てたり嗅いでみたり。
しばらくしたら毎晩鎖の夢を見るようになり、その時点で実際の鎖をとりあげられる。
そうすると今度は幻覚で鎖が見え始める。
さらに日が経つと幻覚の鎖がリアルに感じられ、重さも冷たさも、すれあう音も聞こえてくる。
そしていつの間にか、幻覚ではなく自然と具現化した鎖が出来ていた

肌身離さず持った物というのは、このように愛着が湧き、特別なことが起こる。でもこれHUNTER×HUNTERだった。

バジル・ホーキンスの能力:降魔の相(ごうまのそう)


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

シャボンディ諸島にて、黄猿と対峙し絶体絶命のバジル・ホーキンスが使った技がこれです。つまりホーキンスの中の最強技だということですね。黄猿と渡り合えると考えた以上、かなりの技なんだと思います。が、あまりにも情報が少ないですね。

スポンサードサーチ

バジル・ホーキンスの能力の弱点

それでは最後に、なんとも異質な能力者バジル・ホーキンスの弱点を考えて行きましょう!このままでは、ローはやられてしまいますからね!

人質にとられた命を開放する方法

バジル・ホーキンスの何がやっかいか?といえば、他人の命を人質にして、己を守ることができる能力です。この能力を破らない限り、味方の命を捨てない限りバジル・ホーキンスにダメージを与えることはできません。

【丑の刻参り】という起源から見える弱点

バジル・ホーキンスの能力は、まさに【丑の刻参り】そのものです。皆さんの聞きなれた言葉を使うのであれば、【呪いの藁人形】でしょうか?

これは日本古来から伝わる呪術の類ですが、この呪いをかけられた対象は、藁人形に釘をさしたところと同じ部分が傷ついてしまうというものですね。

ですが、この呪い、解く方法も日本古来より伝わっているのです。

行為を他人に見られると効力が失せる
引用:Wikipedia

呪っている行為を見られると効力が失せる。これは絶対に関連していると思いますが、しかしバジル・ホーキンスは別に逃げも隠れもしていません。

となると考えられるのは、何か見られてはいけない体の部分がある。などでしょうか?

傷つけずに戦闘不能にする拘束が有効

ある意味、唯一でしょうか?ローの能力は、相手を傷つけずに行動不能にする能力です。RooM内でぶった切ってしまえば良いわけですから。なんだかんだで相性は良さそうです。

ワンピース945話のネタバレを含む考察終了!

対カイドウの前に起こるバトルシーンとしては、ここが1つの山ですね!ホーキンスの【他人の命で身代わりにする】能力は、カイドウやビックマムのような超防御力の敵には最高に有効なので、もしかすると、まさかの共闘もあり得るかもしれませんね!

今後もワンピースの考察を毎週行います!良ければツイッターのフォロー、宜しくお願いします!