【ワンピース948話ネタバレ】ワノ国編はインペルダウンのオマージュ!犠牲になるのはアイツ!? | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

 

【ワンピース948話ネタバレ】ワノ国編はインペルダウンのオマージュ!犠牲になるのはアイツ!?

story

こんにちは!ワンピースを栄養に生きています、むっくんです!
今回も最新話948話の考察と展開予想をしますが
ジャンプの最新話からの考察となりますので、閲覧する際はご注意下さい!

スポンサードサーチ

【ワンピース948話ネタバレ】ワノ国編はインペルダウンのオマージュ!


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

今週のONEPIECE(ワンピース)948話を読んだ率直な感想としては「これ、ワノ国とインペルダウンオマージュしてるな」です。尾田先生はたびたびグランドライン前半の海とグランドライン後半の海でオマージュを施すので、今回はそのへんを主軸に考察を行います!

ワノ国編とインペルダウン編の類似点

それではまず、いかにワノ国編とインペルダウン編が似ているのか比較して見て行きましょう!
※先に注釈を入れておきますが、ワノ国編における兎丼の部分がインペルダウンに非常に似ています

インペルダウン
インペルダウン
毒を使う門番マゼラン

疫病を使う門番ジャック
ワノ国
ワノ国

インペルダウン
インペルダウン
囚人を開放して仲間にする流れ

囚人を開放して仲間にする流れ
ワノ国
ワノ国

インペルダウン
インペルダウン
味方ではない第三者勢力黒ひげの乱入

味方ではない第三者勢力ビッグマムの乱入
ワノ国
ワノ国

インペルダウン
インペルダウン
門番には結局勝てなかった

門番には結局勝てなかった(逃げられた)
ワノ国
ワノ国

インペルダウン
インペルダウン
毒への耐性が付いた

武装色の覇気が身に付いた
ワノ国
ワノ国

インペルダウン
インペルダウン
イワンコフという影の支配者が仲間に

河松という影で恐れられていた者が仲間に
ワノ国
ワノ国

このように、ワノ国とインペルダウンは非常に類似点が多く存在するので、尾田栄一郎先生が、ワノ国の兎丼をインペルダウンとのオマージュとして描いているのは間違いなさそうです。

兎丼ではユースタス・キャプテン・キッドが犠牲になる


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

オマージュしているとわかったことで、この先の展開がやや読みやすくなりましたが、インペルダウン編で僕が特に印象に残っているのは・・・

同志「Mr2ボンクレー」アニキの生き様!!!

彼が犠牲になったおかげで、ルフィたちはインペルダウンを脱出できたも同然です。

現状、ビッグマムしか破壊できなかった頑丈な鋼鉄の柵により、兎丼は封鎖されており、これから兎丼を制圧したとて脱出ができない状況(だったハズ)。
そして、ジャックは今鬼ヶ島へ戻って戦力を整えたら戻ってくる状況です。

このピンチを救う人物、つまりMr2のオマージュとなる人物こそ【ユースタス・キャプテン・キッド】であると予想します!!

Mr2は元敵で志は同じだった。キッドは元敵だが海賊王という夢は同じ・・・あると思います!

同じ最悪の世代の中でもキッドは別格


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

とはいえ、Mr2と同じように、やられて終わるキャラとは思っていません。
キッドは現状だけだと、カイドウにボコられズタズタになった描写しかないので株は下がっていますが、シャボンディ諸島での初登場時は、唯一ルフィよりも懸賞金の高い最悪の世代として描かれていた、ある意味重要人物です

共に海賊王になるという夢を持った男として尾田栄一郎先生は描いたこともあるキャラなので、そう簡単に捨て駒として扱うとは到底思えません。
なんの根拠もありませんが、帰って来るジャックの一団を、おそらくキッドは1人(もしくは仲間と)倒す展開になる気がします。

インペルダウンにおけるLevel6の囚人ポジション


引用:尾田栄一郎/ONEPIECE/集英社

インペルダウン編では、ドサクサに紛れてLevel6の囚人が脱獄し、のちの頂上戦争で一役担う形になりましたね。そこと同じポジション枠としてワノ国の兎丼でも気になるキャラが出てきています。

それが、上の写真の人物ですね、あきらかに強キャラ感が出ていますが、まだ詳しい情報が何もありません。

赤鞘9人男も徐々に集まり、決戦の時は近い!

しかし、今回でまた1人「赤鞘9人男」が仲間となり、徐々に仲間を集めて決戦の舞台「鬼ヶ島」へ向かうさまは、なんとも王道的であり、なんとなく「ももたろう」を思わせる流れも含まれており、日本人が大好きなワクワクする王道展開ですよね!

筆者も毎週本当に楽しみに読んでいますが、また次週はお休みのようですね・・・悲しい。それでは、また!!