【HTML】< class >とは?~タグに名前を付ける方法~ | MUKKUN QUEST
MUKKUN QUEST     

【HTML】< class >とは?~タグに名前を付ける方法~

HTML&CSS

【HTML】< class >の解説です。読み方は「クラス」です。
タグに名前を付ける方法を知りたい方はこちらで解決します💡

スポンサードサーチ

【HTML】< class > ~タグに名前をつける方法~

具体的に解説していきます。

【実例】< class >はこう打てば、こうなる


☝このように打つことで
あらゆるタグに名前をつけることができます。
この画像では< div >タグに「namae」というclass名を与えた状態です。
名前をつけることで、ピンポイントの場所にCSSをあてることができますね💡

【使い方】< class >は実際にこう使う

上の画像の通り、要素のうしろにスペースをあけ、名前を付けます。どんな名前にするかは作成者の自由です。

classで名前をつけた時はCSSのあてかたが若干変わる

☝名前をつけていない< h1 >タグと、名前をつけた< p >タグを用意しました。

☝名前をつけたタグにCSSで効果をつける場合、画像のように【ドット+クラス名】を対象にする必要があります。

【特徴】< class >の持つ特徴

※随時情報を更新します。

【注意】< class >を使う時に起こりやすいミスの事例

●CSSをあてる時の、ドットの付け忘れが発生しがちです。

< class >に似た効果を持つHTML

※随時更新します。